東京サウナ日記

サウナのある暮らし🍺 🐤


檜風呂と軟水のデザイナーズ銭湯「大蔵湯」@ 町田【 サウナ散歩 その 60 】

サウナ検索

f:id:color-hiyoko:20200823202737j:plain

更新が少しご無沙汰でしたが、先週は初見のサウナも含めて5回銭湯通いしています。今回は、先週の夜勤明けに訪れた「大蔵湯」さんを。4年前にリニューアルしたという町田市唯一のサウナ付き銭湯。楽しみです。。

大蔵湯のお風呂とサウナの感想

なんというか、今まで訪れた銭湯の中で過去最高のデザイン、造りの銭湯でした。まず下駄箱のデザインと脱衣所が畳敷きだった事、そこからびっくりです。有名な建築士さん設計らしい。 

この3日後に訪問した八王子の銭湯も、かなり似た雰囲気だったので調べたら、この今井健太郎さんプロデュースでした。

インドアビューはこちら。HP と合わせてご覧くだされ。素敵過ぎる。。

朝焼けのイメージだろうかという富士山のタイル絵、カランの丸い鏡、シャワーヘッド、使用しているタイル、窓の木枠・・何から何までディティールにこだわりを感じます。。

内湯はシンプルに大きな檜の主浴槽と小さめのあつ湯槽のみ。檜風呂はよくある縁の部分だけ檜みたいなのではなく、底から側面から総檜貼りです。 

サウナは狭く、定員6人との事でしたが、3人で少し窮屈に思えるサイズ。常連さんが来る時間帯を外したほうがいいかも(ピクチャー系の方が多かった)。

水風呂は人口軟水との事。ここで「軟水」というキーワードがインプットされました。特に水風呂、文字通り軟らかい感じ。まろやかで湯上りもスベスベ感が。

いつまでも入っていたい水質。以前、行ったサウナで言うと武蔵境の「境南浴場」が近い感じだろうか。

露天風呂や外気浴スペースが無いもののサウナ室と水風呂の前のベンチの上の窓からいい風が入ってきます。時間が押していたのと、混雑気味だったので2セット+〆水風呂でおつかれ様でした。 

まとめ

ここはもう一度来てみたいですね。ちょっと遠くて山超えたりするけど(笑。。町田市は、あと2つのサウナ施設を紹介するべきなのですが、訪問済みでこれでコンプリートとします。

ひとつはスーパー銭湯の「天然温泉 ロテン・ガーデン」。以前、伊豆方面へ旅行した帰りに泊まったビジネスホテル併設の施設です。 

もう一店は、房総半島方面へドライブ旅行の帰りに泊まった「万葉の湯」。 豪華だった記憶がある。

町田方面って地味に遠いんですよ(神奈川という説もある)・・ただ、この秋に京王相模原線の多摩境駅最寄りに「森乃彩(もりのいろどり)」というスーパー銭湯がオープンする情報をキャッチしているので、その時にはぜひレポートしたいです。

10/1 オープン。このニュースをブックマークしてるのは私だけですw

よみうりランドの「丘の湯」と南多摩の「季の彩(ときのいろどり)」の系列だそうだ。楽しみ。

にほんブログ村 健康ブログ サウナ風呂・低温サウナへ

施設情報

✅  営業時間:14:00〜23:00

✅  定休日:金曜

✅  入浴料金:700 円(大小タオル・ナイロンタオル付き)

✅  温度設定:サウナ 92 ℃・水風呂 18 ℃

✅  駐車場:16 台

✅  Wi-Fi:あり

✅  無料アメニティー:リンスインシャンプー

・ボディーソープ・ナイロンタオル

✅  休憩スペース:あり

✅  最寄駅:JR 横浜線「古淵駅」徒歩 10 分

小田急線「町田駅」バス 15 分

✅  地図

公式サイト・サウナイキタイの口コミ

こちらでセミリタイア日記書いてます 🐤