東京サウナ日記

サウナのある暮らし🍺 🐤


サウナセンター @ 鶯谷【 サウナ散歩 その 117 】

サウナ検索

f:id:color-hiyoko:20210201220215j:plain

今回は都内最高峰のサウナのひとつ、鶯谷の「サウナセンター」さんへ行ってきました。ずっと気になっていた聖地です。鶯谷駅を降り、線路沿いの路地にびっしりと立ち並ぶラブホテル群を眺めながら、「これだけホテルがあれば、中にはサウナのある部屋もあるかも・・」などと思ったりも。

入り口のガンダムとシャアザクに迎えられて昼前にイン。

館内案内 

f:id:color-hiyoko:20210201220245j:plain

1階で館内着に着替えて5階のお食事処へ。

f:id:color-hiyoko:20210201220253j:plain

焼うどんとオロポセットにしました。サウナ前だけれども。「オロポ」とはオロナミンCのポカリスエットイオンウォーター割り。サウナのメニューによくあるので気になって初めて飲んでみた。味はオロナミンCをポカリスエットで割ったような味でした。

f:id:color-hiyoko:20210201220234j:plain

『サ道』のタナカカツキ先生始め、サウナ界(サ界)の有名人のサインが並ぶ。ちょうど先日出た『サ道』の最新刊を読んだばかりだわ〜。

4階のお休み処とマンガコーナー。 

f:id:color-hiyoko:20210201220213j:plain
f:id:color-hiyoko:20210201220216j:plain

ドライヤーのある洗面台が5階、着替えのロッカーが1階と、エレベーターで行ったり来たりがちと面倒かもです。さあ、6階の大浴場へ。

サウナセンターのお風呂とサウナの感想

年季が入ってるもののすみずみまで清掃が行き届いていて明るい雰囲気。体を洗ってからバイブラの浴槽で下温め。お湯も綺麗だ。隣の水風呂の上に大型テレビ。

サウナは3段。サ室の入り口横の棚に冷たい水と麦茶のクーラーボックス、そして氷と塩が置いてある。麦茶を2杯飲んでからの1セット目はサウナストーンがぎっしり詰まったストーブ前の2段目で。テレビは焚き火の映像を無音で流している。BGM も無し。いいですな〜。。 

水風呂は 15 ℃らしいけど、もっと冷たく感じた。完全に体の熱を奪われて感覚がなくなるまで2分。目の前のととのい椅子で休憩。水風呂のタイルのマーブル模様が水面でウネウネゆらゆらグニャグニャと屈折してる様をぼんやり眺めて視覚的にトリップ。キラキラした光に吸い込まれそうだ・・(表現が危ないよ)。

 

2セット目は水風呂代わりに隣の「ペンギンルーム」へ。室温 15 ℃の冷却室です。イスが3脚、それぞれの上に扇風機があって「弱風」「強風」「急風」とあった。奥の急風席に座りスイッチを入れる。こりゃ気持ちいい・・アウフグース(ロウリュ)の逆バージョンですな。。

一度浴室を出て、非常扉の外のバルコニーの外気浴コーナーへ。この日は暖かかったけれど、ペンギンルームの後には寒過ぎました。そのあとのバイブラ湯が気持ちよ過ぎた。3セット目は最上段で8分、水風呂の後はコンディショナーしながらカランのイスでぼんやりと。。

まとめ

細部にサービス精神が宿っていて、雰囲気もグッドなサウナでした。レディースデーもあるので、女性サウナーの方も機会があればぜひ。

個人的には「スパリゾートプレジデント」よりもこっちかな〜・・それぞれまだ1回しか行ってないけれど、サウセン、もっと時間のある時にまた来たいです。上野付近エリアは、あと2店、絶対に行きたいお店があったりします。

にほんブログ村 健康ブログ サウナ風呂・低温サウナへ

施設情報

✅  営業時間:24 時間営業

✅  定休日:年中無休

✅  入浴料金:3 時間 1200 円・宿泊 3000 円

✅  温度設定:サウナ 98 ℃・水風呂 15 ℃

✅  駐車場:なし

✅  Wi-Fi・電源:あり

✅  無料アメニティー:

シャンプー・コンディショナー・

ボディーソープ・ドライヤー・

ナイロンタオル・歯ブラシ

✅  お食事処:あり

✅  休憩スペース:あり

✅  ボディーケア:あり

✅  漫画:あり

✅  最寄駅:JR 山手線「鶯谷駅」徒歩 3 分

✅  地図

公式サイト・Twitter・サウナイキタイの口コミ

 

▲ TOP
プライバシーポリシー
© 2020 カラーひよこ All rights reserved.