東京サウナ日記

サウナのある暮らし🍺 🐤


ロウリュアトラクション、ジャンガレ、ざぶ〜ん装置「再訪・小江戸はつかり温泉」

サウナ検索

f:id:color-hiyoko:20211227202313j:plain

相変わらず、記事タイトル付けるのが下手です。本日は川越市の「小江戸はつかり温泉」さんに約 10 ヶ月ぶりに再訪。

施設に最も近い二郎系ラーメンを調べてヒットした「ジャンクガレッジ」イオンタウンふじみ野店でサ飯にしました。

本当はサウナ後が望ましいんだけど生活時間帯の都合で8割がたサウナ前になってしまいますね。。

f:id:color-hiyoko:20211227202346j:plain

豚1枚増して、いつものにんにく少しとアブラ増しで。麺がグミグミしてて旨い。二郎好きの人にはスープにもうちょっとパンチが欲しいかもですが、カジュアルで食べやすい二郎インスパイアです。

フードコートの店舗といっても他の支店と遜色ないです。最後の背脂の浮いたスープ、未練がましくレンゲでチビチビと啜る「ミレンゲ」が止まらない状態でした。これにて今年の二郎系ラーメン食べ納めです(詐欺)。

もしかして食べてる最中よりも、食後 30 分あたりまでの胃の幸福感が好きだったりするんですな。。

 

 

 

さて、施設周辺(ほぼ田んぼ)で写真散歩してから入館。今日は岩盤浴メインで、入浴と岩盤浴フリータイムの 1050 円のコース。

2つある房、室温がほぼ一緒だけれどマイルドな「彩」の房から。10 分くらい居たけど寝ている他のお客のいびきが耐え難く、「熱」の房へ移動。ロウリュ直後だったらしく、ものの数分で全身玉汗。30 分ほど経つと、「ロウリュアトラクション」の準備のため退室。アウフグース、あるとなればやるでしょ・・列に並ぶ。

本日のアロマは「オレンジ」。バケツ2杯分の大量のアロマ水をサウナストーンに注ぎきれば一気に高温蒸気が発生。熱波師さんがタオルで攪拌、攪拌、攪拌。それを2セットの後、一人一人に大団扇でバッサバッサと。

岩盤はこれで大満足、お風呂とサウナへ。一度行ったことのある施設ならば一目見れば記憶が蘇るのだが、全く記憶に無い浴室。男女入れ替え制で、前回とは反対側の「ざぶ〜んの湯」でした。

露天からスタートして、源泉ぬる湯に浸かっていると、「滝見の湯」という足湯の屋根の上から物凄い勢いで滝流が。屋根の上に巨大なバケツ、つぼ湯くらいの大きさの桶があり、樋から流れる水がその桶に一定量溜まるとひっくり返る「ざぶ〜ん装置」との事。巨大バケツをひっくり返したような豪快さでワロタw

向かいのつぼ湯へ移動、眺めていると 10 分くらいで次第に傾き、滝が落ちるみたい。

サウナは1セッション1キルでサクっと。水風呂、14.9 ℃ の表示だけど、体感 16 ℃くらいだろうか。内湯の緑茶ぬる湯、視界 50 センチのもくもく薬草蒸風呂の後、再び露天の源泉ぬる湯でぼんやりして〆にしました。

川越といえば、最近「小江戸温泉 KASHIBA」がグランドオープンして、自分はそちら一択になりそうだな〜と思ってたけど、再訪してみると岩盤浴も露天もなかなか良いと認識を改めさせられたサ活でございました。

にほんブログ村 健康ブログ サウナ風呂・低温サウナへ

 

▲ TOP
プライバシーポリシー
© 2020 カラーひよこ All rights reserved.