東京サウナ日記

サウナのある暮らし🍺 🐤


サウナ&カプセルホテル レインボー 新小岩店【 サウナ散歩 171 湯目】

サウナ検索

f:id:color-hiyoko:20210906211554p:plain

今日は総武線・新小岩の「サウナ&カプセルホテル レインボー」さんへ。

サウナを始めたばかりの頃、どこへ行ったらいいのかよく分からなくて、とりあえずサウナデータベースの「サウナイキタイ」で 「イキタイ」登録が 1000 以上付いてる都内のサウナをチェックしていたんだけど、その中の1店。2年越しでやっと来れた・・。

f:id:color-hiyoko:20210906193827j:plain

新小岩駅のホームから南口を見るとすぐに見えました。レインボーのネオン看板の右下、「古代湯」のバス乗り場もあざとくチェック・・。

レインボー 新小岩店のお風呂とサウナの感想

ラーメンとスナップ散歩で時間を食ってしまい、実質 90 分ほどしか滞在できなさそうでしたが、3時間コースでイン。

想像してたよりも小ぎれいで小洒落ている館内。浴室へ入ると、まあ月曜の昼日中ということもあって空いてました。裸婦の彫刻を挟んで丸い水風呂が2つ。奥にも丸い浴槽があり、これはこの前の錦糸町の「ニューウイング」と全く同じ円形ジャグジーでした。ただ、ジェットの出力はニューウイングのより弱め。その横の四角い浴槽が檜風呂!42 ℃ 前後と、あつ湯の苦手な自分には高い設定温度だったので、39 ℃ のジャグジーで下茹で。

サウナが3つある。二重扉のミストへ入ってみるといい香りでなかなか良さげ。今日は時間が無いので、あとの2つのサウナで1セットづつだな、と。。

低温の「ふくろうサウナ」のほうから。ガラス戸も窓も目張りがしてあり電球色の間接照明のみで薄暗い。テレビは無し。ふくろうの置物がいくつも置いてある。なんだろう、よく見るあの白いタブレット状のアレがいい香り(あれは何ていうアレなんだろう)。88 ℃ とあるが、5分も経つとポタポタとダラダラと汗汗汗・・。このくらいの設定温度でじっくりゆっくり蒸されるほうが、身体の芯から質の高い汗が出るんよね。

水風呂は右側のバイブラ全開のほうへ。24 ℃。縁に頭を乗せて足を伸ばすとバイブラ作用で身体が浮く。大の字になって浮遊。見上げると天井には太陽と月、星のイラストのステンドグラス。

f:id:color-hiyoko:20210906193732j:plain

水分補給してから締めの2セット目は高温側のサ室へ。それほど熱くないな・・限界近くまで居てから冷たいほうの水風呂へ。体感 13 ℃ くらい?冷たいよりも痛くて1分もたないやつだ・・あまりの冷たさに、水から湯気が?と思ったら上からミストが降っていた。天井に水面の反射のゆらめきと小さな虹が見える。

13 ℃ から隣の 24 ℃ の水風呂へ移動。浮遊。これは気持ちいい。この連続2セッションの後に椅子休憩。どこに座ろうか・・檜風呂の前にしよう。

せっかくなので最後に檜風呂に浸かり、再びバイブラの水風呂で浮遊して了。ありがとうございました。

 

まとめ

ややバタバタしていたけれど、満足でした。本八幡店のほうも行ってみたい。

総武線エリアは吉祥寺三鷹からアクセスが良いんだけど、中抜け時間の行き帰り含めた正味5時間内でサウナするのは距離的にこの辺が限界だろう。

f:id:color-hiyoko:20210906193943j:plain

両国の「江戸遊」と錦糸町の「楽天地スパ」はフルに時間を使える時に来よう。。

にほんブログ村 健康ブログ サウナ風呂・低温サウナへ

施設情報

✅  営業時間:24 時間営業

✅  定休日:年中無休

✅  入浴料金:1600 円(3 時間)他

✅  温度設定:

サウナ 118 ℃・水風呂 10 ℃

✅  駐車場:なし

✅  Wi-Fi・電源:あり

✅  無料アメニティー:シャンプー・

コンディショナー・ボディーソープ・

ドライヤー・ナイロンタオル・歯ブラシ

✅  お食事処:あり

✅  休憩スペース:あり

✅  ボディーケア:あり

✅  漫画:あり

✅  最寄駅:

JR 総武線「新小岩駅」徒歩 3 分

✅  地図

公式サイト・サウナイキタイの口コミ

 

▲ TOP
プライバシーポリシー
© 2020 カラーひよこ All rights reserved.