東京サウナ日記

サウナのある暮らし🍺 🐤


高濃度炭酸泉はダイエット効果が高い(かもしれない)

サウナ検索

f:id:color-hiyoko:20210919184356j:plain

先月、ふと体重を測ってみると自分標準から5キロ以上オーバーしていて、絶賛ダイエット中です。食事制限(大体1日1食)ですぐさま3キロ落ちたんだけど、日々のサウナ通いの時には体重計に乗って数字を監視しています。

1回サウナへ行って3セットもキメれば、たぶん数百グラムは体重が減っているんだろうけど、汗で水分が抜けただけで、その水分はサウナ前後に補給しなければならんのでプラマイゼロくらいに考えてます。

だいたいサウナ室にいるおっさん達のお腹周りを一瞥すれば「サウナでは痩せない」という事に確信が持てるのですが。

しかしながら「高濃度炭酸泉」には痩せ効果があるんじゃないか、などと先日気付きました。炭酸泉。スーパー銭湯の多く、最近では普通の銭湯でも設置してあるところが多くて、スパ銭や銭湯によく通う方ならばおなじみかと思う。

お湯の中に溶かした二酸化炭素が皮膚から体内に吸収されて、その結果体内が酸欠状態になり、酸素を取り込もうとして血管が拡張、血流量が通常の 1.5 〜 2 倍になるらしい。お湯の温度は人肌くらいの 38 度前後のぬる湯。

 

 

 

確かに5分くらい経過すると普段より息苦しくなってくる。お湯が低温なのに発汗が活発である。この炭酸泉に浸かってダラダラと汗をかいていると何かサウナ以上に「消耗している」感じがするんです。代謝が上がるというか、カロリーを消費している感じ。

最近はサウナ2セットの後に腰掛けての外気浴か内気浴休憩、最後の3セット目の水風呂でキンキンに冷やされてからダイレクトに炭酸泉、というのが黄金パターンです。この最後の炭酸泉で惚けている時がいちばんリラックスできます。サウナだと結局熱くてぼんやり考え事などできないんだけど炭酸泉はぼんやりもできるし、考え事もできるんですよね。

1日フルに使える時に、1時間、あるいは2時間くらい炭酸泉に浸かって入浴前後の体重を計測して検証してみたい。

※ 基本、一人「1回 15 分まで」とすすめられているので混雑時は譲り合いを

家庭用の入浴剤だとこれがいちばん好きです。

にほんブログ村 健康ブログ サウナ風呂・低温サウナへ

 

▲ TOP
プライバシーポリシー
© 2020 カラーひよこ All rights reserved.